メイクの仕事に必要な技術

レディ

ネイルと同じでヘアメイクにも、仕事とするのに基本的には資格を必要としません。しかし、ヘアメイクアップアーティストの仕事には髪のセットなどもあります。内容によっては美容師免許が必要になります。ヘアメイクを仕事にしたいのであれば、美容師免許を取得しておく方が無難です。メイクの技術や努力次第でなることができるヘアメイクアップアーティストですが、確実にメイクアップアーティストになるのなら、専門学校などで下積みや技術を学んでおくと良いでしょう。学科や専門学校によっては、独自のヘアメイク資格を設定していることもあります。その他、メイクアップに関する資格として日本メイクアップ技術検定や、ビューティ・コーディネーター検定3級なども取得目的に設定されている専門学校や専門コースもあります。それ以外で取得しておくと良い資格としては、カラーコーディネートなどを持っておくと色合わせなどでセンスを発揮することができるでしょう。ヘアカットやアレンジ、ヘアアイロンなどの技術はカリキュラムから選択して学ぶこともできます。資格を持っていると、技術を推し量ることができるため就職にも有利になります。ヘアメイクの仕事は、美容室や芸能界のスタッフとしての活躍場所があります。気に入られれば専属のヘアメイクとして大女優のお抱えメイクアップアーティストになれる可能性もあります。その他、化粧品メーカーや化粧品の相談を受ける販売スタッフ、ブライダルの現場でも活躍ができる職業です。