名古屋市 債務整理 法律事務所

名古屋市に住んでいる方がお金や借金の悩み相談するならコチラ!

借金が返せない

借金の額が多くなりすぎて返済がつらい…。
債務整理して、借金の辛さから解放されたい…。
もしもそう思っているなら、すぐに弁護士・司法書士に相談しましょう。
司法書士・弁護士が探してくれる解決策で、返済金が減額したり、督促がSTOPしたり、という様々なメリットを受けられる可能性があります。
昨今ではインターネットで無料相談ができる法律事務所や法務事務所も数多くあります。
ここでは、それらの中で名古屋市に対応している、お勧めの法律事務所や法務事務所を紹介しています。
また、名古屋市にある他の法律事務所・法務事務所もいくつか紹介しているので、そちらも参考にしてください。
借金の問題は、1人だけで解決するのは難しいものです。
司法書士・弁護士の知恵を借り、最善の解決策を探しましょう!

借金・債務整理の相談を名古屋市に住んでいる方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

名古屋市の債務・借金返済の悩み相談なら、こちらの事務所がオススメ。
弁護士対応で、全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が無料だから、手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払は、分割払いの対応も可能です。
相談料金はもちろん0円!
借金の督促をストップするのも可能。
個人再生、任意整理、過払い金、自己破産、など、債務について無料相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(電話代金0円)で相談受付が可能なので、お金に悩んでいる方も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、借金や過払いの悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに適した方法で多重債務・借金の問題を解決していきます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から支払を清算できます。
任意整理についても、減額報酬や和解成功報酬などは一切支払わなくてよいため、お得に解決できます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人でも安心して相談できます。
まずは無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので名古屋市の人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



名古屋市周辺の他の法律事務所・法務事務所紹介

名古屋市には他にもいくつかの弁護士・司法書士の事務所があります。参考にしてください。


●守山法律事務所
愛知県名古屋市守山区中新10-8シャンボール小幡2F
052-792-8133
http://moriyama-houritsu.com

●弁護士法人名古屋総合法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目4-30
052-961-3911
http://nagoyasogo.jp

●愛知県弁護士会
愛知県名古屋市NakaWard,Sannomaru,1丁目4-2愛知県弁護士会館1F
052-203-1651
http://aiben.jp

●関司法書士事務所
愛知県名古屋市中区丸の内1丁目9-7
052-265-6153
http://sekijimusyo.jp

●アプローチ(司法書士法人)
愛知県名古屋市中区錦2丁目2-13名古屋センタービル8F
0120-512-432
http://approach.gr.jp

●成田龍一法律事務所
愛知県名古屋市中区錦3丁目14-14高坂ビル6F
052-973-0531
http://narita-law.jp

●名古屋の弁護士片岡法律事務所
愛知県名古屋市丸の内2丁目19番25号
052-231-1706
http://kataokaoffice.jp

●丸の内総合法務事務所
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目15-16
052-211-2471
http://marunouchi-legal.com

●菰田裕子司法書士事務所
愛知県名古屋市守山区小幡中3丁目4-1
052-797-7702
http://k-siho.com

●しょうぶ法律事務所
愛知県名古屋市中区錦2丁目2-2名古屋丸紅ビル12F
052-223-5555
http://shobu-law.com

●弁護士法人あおば法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目9-16丸の内YSビル4F
052-972-0091
http://aoba-law.jp

●名古屋第一法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-22三博ビル5F
052-211-2236
http://daiichi-law.gr.jp

●名古屋シティ法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目19-5フレッジオLA7F
052-253-5200
http://nclo.jp

●山崎夕希子司法書士事務所
愛知県名古屋市瑞穂区東栄町3丁目25-3斉藤ビル6F
052-852-1147
http://yukiko-shihou.jp

●辻司法書士事務所
愛知県名古屋市北区清水1丁目22-4
052-953-0006
http://tsuji-shihou.com

●司法書士法人ファミリア/丸の内事務所
愛知県名古屋市中区錦一丁目3番18号エターナル北山ビル7F
052-228-7533
http://saimuseiri.bz

●すずたか総合法律事務所(弁護士法人)
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目5-40ロイヤルセッションズ
052-955-0095
http://suzutaka-law.com

名古屋市にある地元の法律事務所や法務事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談などの方が、手軽に気軽に相談できるという方も多いのではないでしょうか。

名古屋市在住で借金返済に困っている人

お金の借りすぎで返済するのが難しい、こんな状態では不安で夜も眠れないことでしょう。
複数のクレジットカード業者やキャッシング業者から借金をして多重債務の状況。
月々の返済金だけでは、金利を払うのが精一杯。
これでは借金を返済するのは困難なことでしょう。
自分ひとりでは清算しようがないほどの借金を抱えてしまったのならば、まず法律事務所・法務事務所の門を叩いてみましょう。
弁護士・司法書士に、現在の借入金の状況を説明して、打開案を授けてもらいましょう。
昨今では、相談無料で受け付けてくれる法律事務所や法務事務所もずいぶん出てきたので、解決のため勇気を出して、相談してみませんか?

名古屋市/借金の減額請求って?|債務整理

多重債務などで、借り入れの支払いがきつい状態に陥った場合に効果のある手法の1つが、任意整理です。
現状の借り入れの状態を再度確認し、過去に金利の過払いなどがあった場合、それを請求する、もしくは現在の借金とプラスマイナスゼロにして、かつ現在の借金に関して今後の金利を減らして貰えるように要望できる手法です。
只、借金していた元本に関しては、絶対に支払うという事が基本であって、金利が減じた分だけ、過去よりももっと短期での返済がベースとなります。
只、金利を返さなくていい代わり、月毎の払戻金額は少なくなるから、負担は減少するというのが通常です。
ただ、借金をしてるローン会社などの金融業者がこの将来の利子においての減額請求に対処してくれなくては、任意整理は出来ません。
弁護士の方などの精通している方に相談したら、必ず減額請求が出来ると思う方もかなりいるかもわからないが、対処は業者により種々あり、対応してくれない業者と言うのもあります。
ただ、減額請求に対応してくれない業者はごくごく少数です。
したがって、実際に任意整理を行って、金融業者に減額請求を行う事で、借入れの苦しみが少なくなるという方は少なくありません。
実際に任意整理が出来るだろうか、どれぐらい、借金の支払いが縮減されるか等は、まず弁護士の方に相談してみると言う事がお奨めなのです。

名古屋市|自己破産のリスクってどんなもの?/債務整理

はっきし言って世間一般で言われるほど自己破産のリスクはそんなに多くないです。マイホームや高価な車や土地等高額な物は処分されるが、生活する上で必ずいるものは処分されません。
又20万円以下の預金も持っていてよいです。それと当面の数箇月分の生活するために必要な費用100万円未満ならば持っていかれることは無いでしょう。
官報に破産者のリストとして記載されるのですがこれも極一部の方しか見てません。
又いうなればブラック・リストに記載されしまい七年間くらいはキャッシングもしくはローンが使用できない情況となりますが、これはしようが無い事なのです。
あと決められた職種に就けないと言う事も有ります。だけれどもこれもごく一定の限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返済することができない借金を抱え込んでいるのであれば自己破産を実施するのもひとつの進め方です。自己破産を行ったら今までの借金が全く無くなり、新しい人生を始めるという事で長所の方がより多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として弁護士・司法書士・税理士・公認会計士などの資格は取り消されます。私法上の資格制限として後見人や遺言執行者や保証人にもなれないのです。又会社の取締役等にもなれないです。けれどもこれらのリスクはおよそ関係無いときが多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物ではない筈です。